片麻痺下肢に対する支持性アップのポイント

Pexels / Pixabay

 

脳卒中片麻痺の方の立位・歩行のアプローチでお悩みはありませんか?

 

麻痺側下肢への強制的な重心移動

姿勢の非対称性をセラピストが徒手的に修正

歩行訓練を繰り返す

 

といった対応になっていないでしょうか?私も若い頃はそうでしたが…。

 

では1つ質問です。

 

「上記のような介入は、患者さんの立位・歩行を良い変化に導いていますか?」

 

立位バランスや歩行に問題があるとされる片麻痺の方の多くは、立位姿勢や歩行の非対称性が目立ちます。

でもその目に見える姿勢や動作の非対称性はあくまで「結果」です。

 

姿勢や動作パターンの非対称性は問題か?

片麻痺の方の多くは、左右非対称性の目立った姿勢をとります。

立位や歩行では、麻痺側への荷重を避けるようなパターンが目立ちます。

それを”異常”と捉えることもできます。

 

が、見方を変えると

 

今ある身体機能と、

認識している身体部位をうまく使って

立位保持や歩行の遂行という

目的を果たすための戦略

 

とも捉えることができます。

 

そのような患者さんは、「麻痺側の下肢が頼りにならない」と感じているために、麻痺側下肢を使わないようにしている、または使いたくても使い方が分からないのかもしれません。

そして運動・感覚のレパートリーの低下により、その戦略でも立位保持や歩行が遂行できてしまえば、患者さんにとってはその戦略は、姿勢・動作のための戦略として日常生活で活躍することになります。

 

麻痺側下肢に荷重をしていない患者さんは、荷重をしない(できない、したくない)理由があります。

そしてそれこそが私たちが介入すべき問題となります。

 

問題をややこしくしているのはセラピスト自身

荷重をしない(できない、したくない)方に、前述した強制的な麻痺側下肢への荷重や姿勢や運動パターンの修正は、患者さんにとってはどのような体験を生み出すのでしょうか?

 

適切な荷重の仕方が分からないまま、無理矢理荷重をかければ、

患者さんは、より逃避的なパターンを強めたり、麻痺側下肢を過度の固定することで対応しようとします。

そして患者さんは、それが正しい荷重支持の方法だと思ってしまいます。

だってリハビリの先生がやっていることだから。

 

問題はいつも目に見えるとは限りません。

そして結果を強制的に変えるアプローチは患者さんを良い方向に導くどころか、悪いパターンに導いていることすらあります。さらに患者さんはその悪いパターンを「正しいパターン」と誤認識してしまう可能性すらあります。

 

片麻痺の方への下肢の支持性アップのポイント

このように考えると、

片麻痺の方の立位や歩行の立脚期の問題は

・荷重を支持する戦略が誤っている

・また支持する戦略の選択肢が少なく、固定的なパターンとなりやすい

・間違った戦略で、常にその戦略で対応することで、筋活動や筋緊張のアンバランスが生まれ、二次的な筋の弱化や短縮といった新たな問題を生み出す

 

といった状況にあるのではないでしょうか?

 

そのため、介入のポイントは、

下肢の荷重支持における新たな戦略の獲得と定着

ということになります。

 

言葉でいうのは簡単ですが、では適切な戦略とはなんでしょうか?

そもそも私たちは荷重をどのように支持しているのでしょうか?

そこがスタートになります。

 

適切な荷重をあなたの頭と身体で理解できていないと、

患者さんの変化があったとしても、それが良いか悪いか効果判定はできません。

 

あなたの介入は、患者さんに何を提供しているのでしょうか?

一度振り返ると、新たな発見があるかもしれません。

 

こちらの記事もオススメです!

 

 

支持性アップのポイントを体験したい方は…

来月、大阪でそんな話(実技あり)をします!!!

ご興味が湧いた方は是非ご参加ください。

↓↓↓

2月12日(日)大阪:脳卒中片麻痺患者における下肢機能の評価と治療

(クリックすると、詳細・申し込みページへ飛びます)

 

 


Pexels / Pixabay