第7回 ゼネラリストコース:機能解剖学的触診技術 上肢・体幹編

スクリーンショット 2017-02-27 13.14.21

テーマ

ゼネラリストコース:機能解剖学的触診技術 上肢・体幹編

セミナー概要

現在、セラピストの職域は拡大しているが、どの分野でも必要となるのが、機能解剖学と触診技術です。

これらはセラピストの基礎であり、高めると評価・治療の質が確実に上がります。
セミナー講師として活躍しているセラピスト、臨床で結果を出しているセラピストは共通して機能解剖学・触診技術の能力に優れています。

しかし、奥が深く、理解・習得に難渋するため、苦手意識がある人も多いのではないかと思います。また、重要だと分かっていても、その他の勉強に忙しく、なかなか機能解剖学・触診まで手が回らない人もいるのではないかと思います。

今回のセミナーでは、
「機能解剖学的触診技術  上肢・体幹編」として、臨床で重要度が高く、扱う頻度の多い部位と体幹との繋がりを中心に実技をメインにレクチャーさせて頂きます。

内容

・頚椎、胸椎の機能解剖と触診
・肩関節の機能解剖と触診

受講すると整理できること

・各部位の基本的な知識の整理
・X-P画像の診方
・姿勢の成り立ち
・骨・関節・筋の触診

講師プロフィール

小瀬 勝也(こせ かつや)

経歴

介護保険分野、回復期リハを経て、現在は岐阜県のさとう整形外科で勤務。
有痛性疾患、スポーツ整形、外傷後・手術後のリハビリテーションに従事し、現在理学療法士10年目。

保有資格

・理学療法士
・介護保険専門員
・福祉住環境コーディネーター2級

【日時】

11/26  (日)
10:00〜16:00(受付9:30〜)

【会場】

  愛知の刈谷市産業振興センター 

 

 


スクリーンショット 2017-02-27 13.14.21