第4回 ゼネラリストコース:呼吸

スクリーンショット 2017-02-27 13.39.50
現在は各講座の単発受講のみ受け付けをしております
 

【テーマ】

ゼネラリストコース:呼吸

【セミナー概要】

 高齢者や重症患者の在宅復帰が推進されているため、訪問リハビリテーション対象患者の高齢化と重症化が急速に進んでいます。
また、平均寿命は毎年伸びているため、医療機関や介護事業所のリハビリテーション対象者の高齢化は進んでいます。

そのため、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士には、高齢者や重症患者のQOLの維持・向上のためのスキルが求められています。
高齢者や重症患者のQOLに深く関係する要素に、「呼吸機能」があげられます。

呼吸機能の低下は、著しくQOLを低下させます。
特に、誤嚥性肺炎は呼吸機能を低下させる大きな要因です。

現在、死因順位でも脳血管疾患を抜き、第三位となっているのが肺炎であり、そのほとんどが誤嚥性肺炎と報告されています。
また、重症患者は廃用症候群により、頸部・胸郭の関節可動域制限や長期臥床の影響を受け呼吸機能が低下し、呼吸不全を引き起こしやすくなります。

セラピストはADL動作に着目しがちですが、重症患者や高齢者のADL動作を改善させる前提条件として、呼吸機能の改善が必要です。
呼吸機能の理解なしに、ADL動作改善にアプローチすることはリハビリテーションの効果が上がりにくいばかりか、リスクも増大します。

今後、呼吸機能低下のリスクを有した患者が増加するため、呼吸リハビリテーションはぜひとも習得しておきたいスキルの一つです。
呼吸リハビリテーションをわかりやすく解説し、明日からの臨床で活用できる評価と技術をお伝えします。

【講師プロフィール】

高木綾一

【経歴・保有資格】

国家資格キャリアコンサルタント(CDA)
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント
理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術)
関西医療大学 保健医療学部 助教
関西医科大学 整形外科講座 研究員
関西学院大学 大学院 経営戦略研究科
社会課題の解決を考えるセラピストの会 代表世話人

2000年当初より大阪府内にある大手医療法人にて、理学療法士として地域リハビリテーションに携わりながら、リハビリテーション部門の統括を始め、病院・介護施設・介護事業所のマネジメントを経験した。特に、セラピストの人材育成や組織のブランディングに関しては専門的に取り組んできた。

その経験を活かし、2014年12月に株式会社Work Shiftを設立し代表取締役に就任し、現在は全国にて医療・介護事業所のコンサルティング他、ヘルスケアビジネス支援、創業支援、キャリアデザイン やマネジメントに関するセミナー講師で活躍中である。また、リハビリテーション部門コンサルタントとして、医療機関、介護施設にコンサルタント業務を行っている。クライアント先の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して臨床におけるアドバイスや指導を行い、リハビリテーションの質の向上を支援している。さらに、在宅リハビリテーションにも携わり、重症患者や終末期医療に対するリハビリテーションも提供している。全国各地で、リハビリテーション技術や運営に関するセミナーも開催している。

【日時】

8/27(日) 
10:00〜16:00(受付9:30〜)

【会場】

  愛知の刈谷市産業振興センター 

 

現在は各講座の単発受講のみ受け付けをしております
(単発受講:1講座13824円(12800円+税)) 
 

 


スクリーンショット 2017-02-27 13.39.50