第1回 ゼネラリストコース:時代が求めるセラピスト(キャリア、マネジメント)

スクリーンショット 2017-02-27 13.51.09

【テーマ】

ゼネラリストコース:時代が求めるセラピスト(キャリア、マネジメント)

【セミナー概要】

 時代が求めるセラピスト(キャリア、マネジメント) 2025年問題の対応に向けて様々な政策が打ち出されています。

 診療報酬改定・介護報酬改定、医療計画、介護保険事業計画などの国の政策は、医療機関や介護事業所の経営や運営のみならず、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の働き方やキャリアの在り方にも影響を与えています。

 セラピストを取り巻く環境の激しい変化に対して漫然と対処していれば、多くのセラピストは窮地に追いやられることでしょう。 給与や立場などの処遇の面で危機的な状況になるだけでなく、自らのアイデンティティさえ喪失する可能性があります。

 このような危機的な状況を回避するためには、自らが主体的にキャリアマネジメントを積極的に行っていく必要があります。これからの時代のキャリアマネジメントのキーワードが「時代が求めるセラピスト」です。

 「時代が求めるセラピスト」を考えることは、キャリア開発やセルフマーケティングの第一歩となります。 皆さんは、今の仕事内容を75歳まで行うことはできますか?あるいは、行うつもりはありますか? もし、75歳まで今の仕事内容で良いという方は、本セミナーは適していないかもしれません。しかし、将来的に今の働き方や仕事内容を変えていきたいと少しでも思われる方はぜひ、本セミナーの参加を検討してみてください。

 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が少なかった2010年以前は、セラピストはプレミア職種だったかもしれません。しかし、毎年2万人近くセラピストが誕生する今後、セラピストは職としての価値は低下していきます。これからは「人」の価値が試される時代です。 本セミナーにはその「人」の価値を上げる方法のヒントが沢山あります。 多くのセラピストの皆様のご参加をお待ちしております。

【講師プロフィール】

高木綾一

【経歴・保有資格】

・国家資格キャリアコンサルタント(CDA) ・リハビリテーション部門コンサルタント ・医療・介護コンサルタント ・理学療法士 ・認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中) ・呼吸療法認定士 ・修士(学術) ・関西医療大学 保健医療学部 助教 ・関西医科大学 整形外科講座 研究員 ・関西学院大学 大学院 経営戦略研究科 ・社会課題の解決を考えるセラピストの会 代表世話人

2000年当初より大阪府内にある大手医療法人にて、理学療法士として地域リハビリテーションに携わりながら、リハビリテーション部門の統括を始め、病院・介護施設・介護事業所のマネジメントを経験した。特に、セラピストの人材育成や組織のブランディングに関しては専門的に取り組んできた。 その経験を活かし、2014年12月に株式会社Work Shiftを設立し代表取締役に就任し、現在は全国にて医療・介護事業所のコンサルティング他、ヘルスケアビジネス支援、創業支援、キャリアデザイン やマネジメントに関するセミナー講師で活躍中である。また、リハビリテーション部門コンサルタントとして、医療機関、介護施設にコンサルタント業務を行っている。クライアント先の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して臨床におけるアドバイスや指導を行い、リハビリテーションの質の向上を支援している。さらに、在宅リハビリテーションにも携わり、重症患者や終末期医療に対するリハビリテーションも提供している。全国各地で、リハビリテーション技術や運営に関するセミナーも開催している。

【日時】

5/28(日) 
10:00〜16:00(受付9:30〜)

【会場】

  愛知の刈谷市産業振興センター 

 

 


スクリーンショット 2017-02-27 13.51.09