10月23日 起業を考えているPT・OT・STのためのセミナー

bridge12

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が起業することが、珍しくない時代になりました。

10年前なら、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が起業することは、異端扱いされ、社会から変わった目で見られていました。

しかし、近年はセラピストの過剰供給、価値観の多様化、給与所得の低下などを背景に起業を志望する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が急増しています。

世間には起業に関するセミナーは多くありますが、セラピストの起業に関するセミナーは多くありません。

そのため、セラピストの起業の実態がわからないというのが実情ではないでしょうか?

起業には華やかなイメージがあり、起業すれば素晴らしい未来があると考えている方が多いのではないでしょうか?

本セミナーでは、起業している2人のセラピストより、「セラピストの起業のリアル」について解説をいたします。

セラピストが起業するということはどういうことなのか?
セラピストが起業することの意義はどんなものなのか?
起業するか、しないかを決める前に知っておかなければならないことな何か?

こういったことを、講師より熱く語っていただきます。
 

なお、セミナー終了後、懇親会を予定しております。
お申込み受理後に懇親会参加の有無についてご確認をさせていただきます。
本セミナーに参加すると以下のことを学ぶことができます

 

1)結局、起業って何?

2)起業の心構え

3)起業のメリット・デメリット

4)介護事業における起業のリアル

5)セラピストの価値を社会に還元する方法

 

講師 高木 綾一氏

2000年当初より大阪府内にある大手医療法人にて、理学療法士として地域リハビリテーションに携わりながら、リハビリテーション部門の統括を始め、病 院・介護施設・介護事業所のマネジメントを経験した。臨床、教育、研究、管理を組みわせるマネジメント手法によりリハビリテーション部門のみならず、病院 や介護施設の発展に寄与した。特に、セラピストの人材育成や組織のブランディングに関しては専門的に取り組んできた。2014年12月に株式会社Work Shiftを設立し代表取締役に就任した。現在は全国にて医療・介護事業所のコンサルティング他、ヘルスケアビジネス支援、創業支援、キャリアデザイン やマネジメントに関するセミナー講師で活躍中である。

講師 梶本 國雄氏

理学療法士として、およそ20年間の病院勤務を経て「療法士がその完成を生かし、主体性をもって社会に貢献する」会社を設立。現在は介護保険事業を中心に活動し、起業約3年間で年商1億を突破!今後、更なる社会問題解決に向けた事業展開に邁進する一方、増加する療法士のパラダイム転換を促すべく、自らの起業経験を基にWork Shiftの重要性を広める活動を始める。株式会社Moral Code代表取締役社長。
セミナーでは今後の「起業」を考える療法士へ「私たちの実践」と「その経験」を通して、起業に必要なノウハウについて説明する。

 

http://www.workshift.info/seminar/019.html


bridge12