7/30(日)東京「リハビリテーション部門強化セミナー  2018年度同時改定を乗り切る」セミナーのご案内

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-15-51-03

2025年って何が起こるかご存知でしょうか?

そうです。地域包括ケアシステムの完成です。来年の2018年には、それに向けて大きな制度改革も起こります。

2025年に向け、医療・介護を取り巻く環境変化は非常に激しくなっています。理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の生活や人生も予測することも難しい状況と言えます。

この環境の変化を乗り切るために何をしなければならないのかを知っていますか?

 

病院が潰れる時代。不安だけ煽ってもしかたありません。適切な情報を収集し、この環境の変化をしっかり捉え、行動していけば、必ず自分の価値は上がり、加え、病院の運営や管理にも役に立ち求められる人材になれます。

今回そのような変化、病院の環境に関して、株式会社Work Shift代表取締役 高木綾一先生に「リハビリテーション部門強化セミナー  2018年度同時改定を乗り切る」を開催して頂きます。

現在管理者の方や、今後管理者になる方には、ぜひ知るべき情報が満載です。

 

<タイトル>

「リハビリテーション部門強化セミナー  2018年度同時改定を乗り切る」

<概要>

2018年度診療報酬・介護報酬改定まで残り時間はあと僅かとなりました。2025年の地域包括ケアシステムの完成に向けた大改定が2018年に行われます。

急性期病棟や回復期リハ病棟の在院日数低下に関する要件強化地域包括ケア病棟におけるチーム医療の強化、外来リハビリテーションの介護保険への移行、ADL維持向上等体制加算の推進、訪問リハビリテーションと訪問看護ステーションの住み分け、通所リハビリテーションの要件強化、回復期リハビリテーション病棟のFIM利得要件強化、要支援者への医療保険・介護保険リハビリテーションの規制。。。

など多くのリハビリテーションに関係する改定が行われると予想されます。

しかし、

施設基準の維持、適正な単位数の取得、利用者満足度の向上、PT・OT・STの連携、セラピストの技術力向上、入院患者・外来患者・介護保険利用者の確保、管理職の育成、セラピストの人材育成などの課題が山積し、2018年度同時改定への準備が進んでいないリハビリテーション部門も多いのではないでしょうか?

 

リハビリテーション部門の組織力を高めることができれば2018年度診療報酬・介護報酬同時改定は全く怖くありません。

むしろ、2018年度の同時改定を利用して、さらに発展的なリハビリテーション部門を作ることができます。

本セミナーでは、「リハビリテーション部門の組織力強化」のためのスキルを学びます。

 

<本セミナーを通じ得られること>

① リハビリテーション部門の課題が明確なる

② 自身の管理能力向上のポイントが理解できる

③ 組織のおける問題点解決の優先順位が明確になる

 

<セミナーの内容>

1)2018年度診療報酬・介護報酬改定の予想

2)組織力強化のポイント

3)PT・OT・STの連携のポイント

4)患者・利用者獲得のためのマーケティング

5)管理職教育の在り方

 

<日程> 

日時:2017年7月30日(日)

時間:10時~16時

会場:三茶しゃれなあどホール 集会室スワン

定員:30人

参加費:12960円

<講師プロフィール>

20170122-q92qZjj

高木 綾一先生  

・株式会社Work Shift代表取締役

・理学療法士

・リハビリテーション部門コンサルタント

・医療・介護コンサルタント

・認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)

・呼吸療法認定士 ・修士(学術)

・関西医療大学保健医療学部 助教

・関西学院大学大学院 経営戦略研究科

2000年当初より大阪府内にある大手医療法人にて、理学療法士として地域リハビリテーションに携わりながら、リハビリテーション部門の統括を始め、病院・介護施設・介護事業所のマネジメントを経験した。
臨床、教育、研究、管理を組みわせるマネジメント手法によりリハビリテーション部門のみならず、病院 や介護施設の発展に寄与した。特に、セラピストの人材育成や組織のブランディングに関しては専門的に取り組んできた。
2014年12月に株式会社Work Shiftを設立し代表取締役に就任し,
現在は全国にて医療・介護事業所のコンサルティング他、ヘルスケアビジネス支援、創業支援、キャリアデザイン やマネジメントに関するセミナー講師で活躍中である。

 

 

 

 



%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-15-51-03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です