4/29,30「仮説検証セミナー」へ参加された方へ。


 
 
「仮説検証セミナー」へのご参加、誠にありがとうございます。
 
 
実際の動画から、仮説を立て、検証していく。
観察だけでも難しいのに、そこから仮説を立て、さらにそれをどうしたら検証ができるか?
大切さは分かっていても、時間に追われると、なかなか一つの現象を深く考える機会も少なくなってきます。
 
また、正常から逸脱したパターンを見つけることはできたとしても、そこからいかに理想とする姿勢や動作に導いていくか?
 
理想像を持ち、それを介入で実現できる力がセラピストには求められます。
 
 
問題点や仮説を突き詰めていくと、介入自体はシンプルなものになってきます。
 
 
BRIDGEのセミナーではハウツーな評価やテクニックは伝えません。基本的な解剖・運動学をベースにしながら、そこからは患者さんそれぞれの個別性を読み取り、その方にとって最善の介入を追求しようとすることが大切だと考えています。
 
 
頭と身体を使って考える。それを繰り返すことが臨床力を磨くために必須だと考えています。当セミナーがそれを実感できるきっかけになれば幸いです!

 

 
ではでは
感想フォームです!
以下のURLから、内容を入力、送信ください!
 
近日中に発表スライドのPDFをお送りします。