これから来る医療・介護診療報酬改定に向けて何ができるのか?

Mediamodifier / Pixabay

昨日は、リアル臨床東海の懇親会に参加してきました。

病院・施設で対患者・利用者さんに向き合う、という従来のセラピストとしての働き方だけでなく、出版や海外との連携、予防、施設コンサル、講師などなど様々な分野や新しい働き方をしているセラピストと出会いました。

そんな中で今とこれからのセラピストの働き方について考えてみました。

医療・介護の診療報酬ダブル改定

診療報酬改定・介護報酬改定は表面的なアウトカムを示しているが、それを実行するための仕組みは誰も教えてくれない

2018年以降加速する医療・介護制度改革におけるリハビリテーション分野の最大の課題

診療報酬・介護報酬低額化時代 勝ち残るために必要なのはネットワークである

 

また病院・施設で働いているセラピストも今後の診療報酬のダブル改定の波がやってきます。多くの職場で働くセラピストやその組織が、時代の流れに合わせ、そして国の求める医療・介護サービスの中で、生き残りを考えなければならない状況になってきているようです。

 

セラピストの過剰供給が噂され、人口減少社会では、これまで通り病院・施設で働いていれば定年まで安泰とはいえないかもしれません。

給料がこれからどんどん上がる!という楽観的な考えは甘い、としかいえませんよね。

 

将来、定年後に安心して暮らせるお金を残しておけるのか?子どもの教育や家族との時間のためにもお金は必要です。

これまではそうした不安を持つセラピストは少なかったかもしれませんが、これから先そのようなセラピストは増えていきます。

そうなってからでは遅いですよね。

 

セラピストは生き残れるのか?

あまり表には出てきませんが、

「来年リハの職員、10名リストラします」

なんて所もあると聞きます。

 

見えない所で、セラピストの生き残り合戦は始まっています。

 

診療報酬改定の中で、病院・施設は生き残りのためにどう組織のあり方を模索し、そしてセラピスト各個人はどうあるべきか?

セラピストそれぞれ、そしてリハビリテーション科、組織全体で考え、行動していく必要があります。

 

既存の考え方にこだわらず、大きく働き方を変える部分もありますし、既存の部分の中で捨てる部分やより強みを強化していく部分があります。

 

これらは今まで理事、管理職、役職といった経営陣が担ってきた部分です。

ですが、こういったことを中堅・若手セラピストは知らなくても良いのでしょうか?

社会から必要とされるセラピストとなるためには、まず国や地域が何を求めているのか?を知る必要があるはずです。

 

あなたは、患者さんや働いている職場の先輩・後輩、他職種、組織に必要なセラピストとなっているでしょうか?

 

セミナーのご案内(東京)

7/30(日)東京「リハビリテーション部門強化セミナー  2018年度同時改定を乗り切る」セミナーのご案内

ご興味のある方は、ぜひご参加くださいね!!


Mediamodifier / Pixabay