アクションは自分と周りを変化させる:悩んでばかりで動けない方へ

group-2411624_1280

どうも、小松です!!!

作成した画像のPDFを無料配布(クリックにてダウンロードページへ飛びます)

骨モデル12.001

 

なるものを思いつきで始めたところ、思ってもいないことばかりが起こりました。

 

無料配布の反響とお礼

ダウンロードページへのアクセスは2日間で3000アクセスを超え…

ツイッターのフォロワーは3日で100名増え…

 

ブロガー様が記事まで書いてくださり…

BRIDGEが座位・立位・歩行の理解を加速させるリハビリ向け画像を【無料配布中】今すぐ手に入れろ!

【紹介】BRIDGE小松さんが無料画像を公開。クオリティが高くてやばいですよ!

 

セラピスト界のコーチングの重鎮、鯨岡ボスまで、

スクリーンショット 2017-10-27 14.28.03

 

なんてゆう記事を書いてくれました。(内容は小松について、2000%程度盛られております)

その他、ツイッターやフェイスブックなどでも、現場のセラピストだけでなく、学校の先生や、他業種の方々まで、わざわざコメントやメッセージを頂き、嬉しい限りです★

 

皆様、本当にありがとうございます!!!

 

えーと今のところ、健康食品を紹介したり、勝手に何かを送りつけることはございませんのでご安心ください(笑)

 

鯨岡ボスのありがたいお言葉

鯨岡さんの記事では、以下のような深いいメッセージがあります。

ぜひあなたも、あなた独自の経験や知識、考えを何らかの形で、無料レポートや100円の電子書籍とかでもいいでしょう、ぜひやってみて下さい。それが非常に容易な時代になっています。

「ただし」、質がより問われてきています。クソ情報には皆見向きもしません。

だって、今はブログ、動画、書籍で玉石混交ではありますが、有益な情報も掃いて捨てるほどありますもん。有り余ってるんです。

あと、やるなら、「意図」を大事にして下さいいったい、何を「目的」にそれをするのか

これが無いと、よくありがちなのが、レポートを作ったことで満足、そして何人かに配布できたことで、自己重要感が満たされてそれだけで満足、という超しょぼい結果にもれなく終わります笑

なので、あなたもぜひここから小松先生の資料をありがたくダウンロードさせて頂きながら、

https://goo.gl/Vh4RvS

「一体どんな仕組みになってるんだろう?」

「時間はどのぐらいかけてるんだろうか?」

「なぜにこんなに大盤振る舞いなのか?!」

「これが何に繋がっていくんだろう?」

そんなことに思いを馳せながら(この想像力が大事!)、ぜひご自分なりのスタイルを作ってみて下さい。

 

僕は上記にありますように自己重要感を満たしたく…もとい皆様のお役に立ちたいと心から思い(嘘っぽい)、無料ダウンロードを行っているわけですが、

 

思い立ったのは、

Bridgeのミッション

 1. 自分で考えて、行動、発信できるセラピスト

2. 患者の立場に立てるセラピスト

3. 患者、家族、職場、他職種から求められるセラピスト

4. 地域、社会から求められるセラピスト

もうただBRIDGEの使命に当てはまりまくっているんですね。

 

代表講師してる小松がやらずに誰がやるの?てか代表やってなきゃ他のメンバーに示しがつかないでしょ!!

 

口じゃなく、行動で示そう。

背中を見せよう。

 

と、言葉にするとカッコ良さげですが、これも僕の目指すセラピスト像でもあるので、悩むことなく無料配布を決めました。

 

本題:アクションは自分と周りを変化させる

考える、悩むだけでなかなか行動に移せない人っていますよね。

行動しろ!行動しろ!

と言われるけど、言われたくらいで行動できたらそもそも悩みませんね。

 

なんで行動できないんでしょうか?

なぜ行動が変えられないんでしょうか?

 

これは数日前の僕のツイート。とある人へのコメントです。

不安は情報不足から生まれます。

 

学生時代の実習での発表や新人時代の職場での勉強会って異常に緊張しませんでしたか?

 

先輩方からボロクソ言われて、けちょんけちょんにされて発表の質疑応答後、ボロ雑巾みたくなる…

(注意:小松のこれまでの実習、職場では先輩の皆様方は非常に、非常に、ひじょうにやさしかったと記憶しております。)

 

思い出もある方もいるかと思います。

 

それも情報不足なんですよね。

明らかに先輩の方が、リハビリに対する経験も知識もある。自分なんかが勝てるはずもない、なんて場で発表したくなるはずなんてないですよね。

 

ただ、もし事前に新人さんの発表や勉強会がある場合、その発表する新人さん含め、参加者にその職場の上司が、

「今から新人のAくんが症例発表をします!ここで一つ提案です。Aくんの発表に対してのダメ出しは禁止。不足していることがあると思う場合、どうしたら良いのかアドバイスをしてあげてください!」

と言ったらどうでしょうか?今から始まるAくんは随分気が楽になるんじゃないでしょうか?

 

また他の新人さんも、発表をした方が、色んな先輩からアドバイスがもらえるぞ!!と発表に対するネガティブな印象がポジティブに、むしろ発表したい!くらいになったりするんじゃないでしょうか?

 

行動に移せないのは、情報不足だけではなく、よりポジティブな情報が必要だとゆうことですね。

逆にいえば、行動したことでのデメリット(発表→ダメ出しされる)をいかに排除しておくか?とも言えるかもですね★

 

何かやろうとしていることがある人

やりたいけど行動に移せないのは、何かに不安があるからです。

その不安はなんですか?

先輩ですか?よくできる同僚と比べられることですか?

ツイッターとかの関わりのない誰かからの批判ですか?

それやったらカッコ悪いと思われるのが嫌ですか?

もちろんそれらがゼロとは言いません。

でもやることで新たな発見や出会い、そして周りの人があなたのことをもっと知ってくれるようになります。

先輩もあなたの今の知識や考えを知らなければ、適切にアドバイスはできません。

ツイッターフェイスブックの他人の目が気になるなら、ミュートやフォローをやめるなどして流してしまえば良い。

ただ良く言ってくれる人、ちやほやしてくれる人だけを周りに置くことが良いとも言えない(視野が広がらない)ので、信頼できるあなたに説教をしてくれる人を作りましょう。

 

行動することで、

新たな出会いが生まれます

あなたをもっと知ってくれる人が増えます

あなたの行動に刺激を受ける人がいます

わたしも行動しようと思う人が出てくるかもしれません。

 

そしてまた他人のアクションにあなたも勇気付けられ、また次の行動をしようと思うと嬉しいです。

 

 

 

でも行動するって何を?という方。

そんな方には先ほどのありがたいお言葉。

あと、やるなら、「意図」を大事にして下さいいったい、何を「目的」にそれをするのか

byくじら

 

なんのためにセラピストになりましたか?

誰のために仕事をしていますか?

 

そんなことを考えるきっかけになれば幸いです。

 

 


group-2411624_1280