6/24(日)東京「脳卒中リハに活かす脳機能とハンドリングの基礎」のご案内

1491012640866

我々セラピストは脳卒中リハを勉強していくと脳機能の勉強を始めると思いますが、それらの知識を臨床で使うことは容易ではありません。「脳のことは勉強したけど臨床でやるリハビリは他の疾患のリハと同じになってしまう」

「小脳や大脳基底核を損傷するとどんな特徴がありハンドリングを行う際にどんなことを感じればよい?」など、このような疑問に答えるセミナーになると考えています。今回のセミナーでは「脳機能を知りハンドリングに活かす」をテーマに脳卒中リハのハンドリングを包括的に考えていきます!

 

セミナー概要

日時:2018年 6月24日(日) 10:00~16:00

場所:タワーホール船堀 303会議室

人数:35名

値段:8640円 ペア割 7560円

 

内容

  1. 錐体路と錐体外路の役割
  2. 1次運動野の特徴
  3. 大脳基底核・小脳の役割

難しいこの2つの機能をシンプルに捉えていきます

  1. 高次運動野の役割

これを知るとリハビリが格段に奥深くなります

  1. APAsを臨床に活かすために・・
  2. 脳機能からハンドリングを考える(実技)

大脳基底核や小脳の特徴を知ることで格段にハンドリングが冴えてきます!健常人の神経基盤を治療していきましょう

  1. APAsを意識したハンドリングのポイント(実技)
  2. 各動作でのハンドリングのポイント(実技)

 

講師プロフィール

加藤 渉(世田谷記念病院 リハビリテーション科 副主任)

理学療法士

心臓リハビリテーション指導士

受賞歴

リアル臨床2015 3位

リアル臨床2016 3位

共同著書

クリニカルリーズニングで神経系の理学療法に強くなる!

Bridgeでの講師はもちろん、メディカルリハビリテーション主催のリアル臨床で2年連続3位入賞の実績を持ち、TAP研究会やAssistをはじめ他の団体でも講師経験あり。脳卒中リハビリのみならず機能解剖を主とした徒手療法のセミナーを担当するなど幅広い知識と安定感のあるタッチに定評がある講師です。

 

 

皆様のご参加をお待ちしております!


1491012640866