H30.11.4 愛知「便秘・頻尿に対する評価・アプローチ法」 〜排便・排尿の不調から局所・全体を捉える〜

daisy-75190_960_720

「便秘・頻尿に対する評価・アプローチ法」 〜排便・排尿の不調から局所・全体を捉える〜

 便秘・頻尿というものは、さまざまな臨床場面で患者様から訴えられることが多いと思います。ですが、その訴えに対してどう対応するべきなのかわからず、多くは薬に頼ってしまうことが多いと思います。しかし、その症状が実際に身体にどのような影響を及ぼしているのか。その結果として、機能回復の障壁になってしまってはいないか。など実際にどのようにつながっているのかをわからないことが多いと思います。 今回は、そのようなことを学べるセミナーとなります。 

セミナー概要

●概要●

⑴排便と排尿の解剖学的知識を復習しよう

⑵排尿・排便に対する内臓からの評価・アプローチ法

⑶筋・骨格系からの評価・アプローチ法
 
⑷自律神経と排泄コントロールアプローチ法
 
⑸循環系と排便・排尿
 
⑹排泄の機能低下と心の関係
 
⑺脳と腸
 
⑻食事と排泄

外来・入院問わず、私たちが普段患者様の身体を捉えるうえで欠かせない機能【排泄】。 

今回は『排便』・『排尿』に着目していきます。 

外部から取り入れたものから必要なものを吸収し、不要なものを外へ出す 
とてもシンプルですが、人が生きていく中で欠かせない大事な機能です。 

そしてそれが滞ったり、不具合が生じた際に、身体に多種多様な症状や不調を生じはじめます。直接生命にかかわることもあります。 

うまく排泄ができないことから生じる便秘や頻尿というこれらの症状は身体からの重大なサインです。 

大事な機能であることは感じながらも、

●個別に評価やアプローチの仕方がわからない 
●排泄機能が落ちると、認知や身体機能がみるみる落ちやすくなる…そんな経験があるが自分の中で関連性が腑に 落ちない。推論が繋がらない。
●これらの症状で実際に目の前で困っている患者様に何もできずに悩んでいる、悩んだ経験がある 
●自分自身が便秘や頻尿で悩んでいる 
●便秘は運動不足、頻尿は加齢でなると思い込んでいる 

そんな方にお勧めの内容となっております。 

排便、排尿の排泄機能の診ていく上で、 

便秘なら腹部の体操やマッサージ、頻尿なら膀胱括約筋の体操(以前の私も実はそうでした…) 

決してそんな単純なものではありません。 

局所だけにとらわれず、骨盤・脊柱などの骨格、筋、内臓、神経系など身体全体から多角的に捉えていく必要があります。そうすることでもっと的確に、効率的に症状に効かせることができます。 

また、排泄機能が円滑になることで全身状態が改善することで、諦めていたような症状の改善や様々な成果につながりやすいことを臨床上多く体験してきました。 

明日から使える!目の前の患者様に、自分のセルフケアにも、簡単なのに即効果の出やすい評価・アプローチ法を取得できます。 

排泄機能を紐解き、的確に捉えられるようになることで、臨床の幅が広がり、今まで良くできなかった患者様の笑顔につながる。そして、患者様が良くなるからセラピストも幸せになれる。そんな内容のセミナーです。 

 

講師:久保田 美幸 先生 

image

女性専科 整体・ボディワークサロン『みゆき堂』 代表
 理学療法士/エネルギーアプローチセラピスト/臨床研究会愛媛祭認定インストラクター/GYROKINESIS®認定トレーナー

 

   【日時】  平成30年11月4日(日)  

       10:00-16:00(受付9:30)

 

【受講料】

  単発受講:9720円(9000円+税)

    ペア割:8640円(8000円+税)

   再受講:5400円(5000円+税)

      

  【定員】36名(先着)

 

   【会場】中央生涯学習センター(刈谷市総合文化センター内) 408研修室    

 

 

 

<久保田美幸先生セミナー日程>

第1回

平成30年7月29日「運動器疾患に活かす!~内臓機能評価・アプローチ法~」

第2回

平成30年9月30日「生理痛・PMSに対応できるセラピストになる! ~内臓の機能評価・アプローチとGYROKINESIS~」

 

第4回

平成31年1月6日「産前~妊娠~産後まで、評価すべきポイントとアプローチ法」

第5回

平成31年3月3日「東洋医学的視点で女性の心と体を捉える! 経絡アプローチセミナー~五行から体質を捉える、経絡からメンタルへの対応~」

 


daisy-75190_960_720