知るということ


養老孟司の「バカの壁」から引用

「知るということは、根本的に癌の告知だ」

「癌になり、余命半年の命となったとき、あそこに咲いている桜が違って見えるだろ」

とても分かりやすい表現と思って載せました!

きっと今まで気にもしなかった桜が、余命宣告によって今までとは別の物に見える

そして今までどういう思いで桜を見てきたか考えても、なかなか思い出せない

桜が変わったのか?

違いますよね

自分が変わったのです

そしてこれが「知る」ということ

知るということは、自分がガラっと変わり、世界がまったく変わってしまう。見え方が変わってしまう

患者さんも、動き方を知らないから、少しでも楽な動き方を教えるために、運動学習をすると思います

患者さんも、動き方を知ったときには、新しい自分になっているのですね!今までとは違った世界を経験している

そりゃー

出てくる言葉も変化しますよね

言葉が変化しないのはきっと本当の意味で変わったのか?

知るということは、自分が変わること

自分が変わったことが知らなければ、言葉も変わりません

つまり、PTが変わったと感じ、それによって患者も変わったんかな?先生が言うならそうなんだろう、という認識になって、自分がどう変わったのか自分で分からない状況をつくってしまう

(もちろん、先生の言葉によって、なんとなく変わったことがあいまいな患者さんが、確かにそうだなーと変わったことを知れれば、別にそれはとても良い事だと思います!)

つまり患者さんが自身の変化に気付くかどうか?それをPTの手助けによって気付けばいいのです

PTの手助けなしで、気付ける方は申し分ない、優秀な患者さんということになります

自分の何が変わったのか?

楽に動けるようになったのか?力が入りやすくなったのか?少しでも手が動くようになったのか?トイレがしやすいようになったのか?歩くことに気をつかわなくなったのか?痛みが少しでもひいたことが実感できたのか?

患者さんとともに、自分も変わっていきたいと思います☆