立ち上がりと学習


お疲れ様です☆



今回自分の臨床で良かったなーと思った症例さんを少し書いてみたいと思います☆雰囲気が伝われば(*^o^*)




腰椎圧迫骨折の患者さんで、術後だいぶ期間は立っているのに痛みが残存している方です



痛みの部位は右仙腰関節の外側あたりで、しびれのような痛み、そして急に激痛が走るような痛みの出方です


(ちなみに、しびれは術後に出ました)



部位的にも、種類的にも骨折による痛みではないと思いますが、患者さんは本当に痛みに執着が強く、「痛みがあるから動けない」という思いが強い印象です



疼痛部位に注意が向きやすく、リハ前には先生今日も痛いよ~という風に訴えます



マッサージを最初していたのですが、リハ中は楽になったといい動作も改善傾向にはあったのですが、次の日になると痛みが再発します



痛いときは座位で両上肢挙上ができませんでした



座位からすでに

・円背が強い

・体幹右側屈

・右骨盤後傾(左より優位に)


⇒右の骨盤、脊柱起立筋にもられかかるような坐位姿勢でした



痛みは起居や立ち上がり時、両上肢挙上時、歩行時(場合により)に出現していました




「なんで、今でも痛みがこんなにでるのかな?」と思って評価をすると




疼痛部位:さすると軽減するも、とても硬いという印象は少ない。廃用による筋萎縮が著明。また疼痛部位をある程度明確に指定できる

出現様式:急に発生。それにより全身の筋緊張亢進⇒動作中止。神経様の痛みか?

言葉:痛みさえとれれば…。痛みがとれたらなんでもできる!ような発言多い

注意:痛みが出やすい動作は、不安のため注意深くゆっくりと行う

動作:骨盤の前傾を促すと立ち上がりも両上肢挙上も痛みなくできる

    ⇒脊柱起立筋がある一定以上の過活動を起こすと、それに誘発されて疼痛発生すると評価。骨盤前傾も、脊柱起立筋による体幹の伸展が過常にでると痛みあり。腸腰筋による骨盤の前傾運動により、骨盤が少し起きると、痛みの出現は低い

    ⇒しかし次の日には、痛みが再発




こんな感じの方ですが、自分が運動学習の点から少し書きたいと思います☆



「どうしたら、痛みのない動作を学習できるか?」



・介助下で、痛みのない動きを実感


   まずは実感です。痛みのでる立ち上がりや上肢挙上の動きと、痛みが出ない動きがあることを実感させます。そして、どうすればこの動きができるかいや~っと質問し、一緒に悩みます!というか患者さんに問題提起します。ちょっとでも患者さんが自分の身体に注意を向けるきっかけができればいいなとここでは思っています。



・座面を感じる


  ということで、お尻の下に自分の両手を入れ、「左右どっちにより体重がのってますか~?」とか、「左右のお尻では、どちらがより前にのってますか~」とか、「こんな風に動かすと、お尻の圧がいろいろ変化しますね、分かりますか~?」などたくさんの会話を患者さんとします!!


この中で患者さんに求めたことは、まずは自分の座っているときの体重がかかっている部位の左右差であったり、場所であったり、体重が移動するということはこういうこと!であったりといったことを、感じたり、気付いてもらうことです!



・痛くない体重移動を教える


  そして、骨盤前傾の時には、どういう感じで、お尻の下の体重移動が起こるのか注意してもらいます。この患者さんは、あいまいな表現が多かったので、ヒントを与え、大腿部には何か感じますか?的に。そしたら患者さんは、「大腿部にも、ぐってくる感じあります。」

 

  …大腿部にも体重が移動してくる感じに気付いたようです!



その感じを学習


  最後に「その感じ」を維持しながら、体幹の伸展を練習すると、痛みなくできました。骨盤の前傾も少し改善されている印象です


  そして、その感じを維持したまま、骨盤をお越し、起立を行うと、痛みがでない立ち上がりの学習です


  患者さんは、どうすればいいかなんとなく分かってくれたようで、この日から、完全ではないですが、大分立ち上がり時の痛みや、動作時の痛みが減ったようです



  この学習が図れたときに、患者さんがびっくりしたような、そしてうれしいそうに語る言葉を聞いたときに、自分は効果の目安にしています(と思います)



 


まぁ手段はなんでもいいと思います



きっと、上手なハンドリングや、注意の操作、筋力強化訓練などで変わることもあると思います




ただ患者さんが実感することが大切と思います


患者さんが「良くなった」と実感するだけでも、自身の身体意識は変わると思います!逆によくなっても実感できないと、自身の身体意識は変化せず、良くなった身体機能を十分に生かせないこともあると思います



そして、重要な事は



自分がどう患者さんと関わりたいか?


  ⇒良くなればなんでもいいと思うので、どんな考えで、どんな方法で、患者さんを治療していくか、学習の手伝いをしていくか、自分なりに好きなやり方でいいと思います



一番、効果のあるものを選択する!


  ⇒だからといって、好き勝手にやってもダメと思います。その患者さんにあった一番効果のある方法を行う姿勢が大切と思います。効果があってなんぼです!




ただ、会話をたくさんした日は、夜疲れて寝てしまいます笑


もともとたくさんしゃべる方ではなかったので笑



最後まで読んで頂きありがとうございます☆


なにか参考になったらと思います