臨床するオートポイエーシス


認知運動療法を勉強した方&している方や現象学って?思われた方に読んでほしい一冊です☆

http://www.amazon.co.jp/%E8%87%A8%E5%BA%8A%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9-%E4%BD%93%E9%A8%93%E7%9A%84%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E5%A4%89%E5%AE%B9%E3%81%A8%E5%86%8D%E7%94%9F-%E6%B2%B3%E6%9C%AC%E8%8B%B1%E5%A4%AB/dp/4791765834/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1314534809&sr=1-1

そして、教えて欲しいです…内用を(笑)

難しくて大半は理解できませんでしたが、なんとなく、認知と運動の関係性が分かります♪

やはり認知を勉強すると、認知が重要だ!とか、まるで認知がすべてだ!みたいなはまってしまいそうになりますが、

認知が運動を起こすことはありません!ってことを強く協調していってます!

別に認知運動療法を批判しているのではなく、解釈の仕方が異なり、警鐘を鳴らしてくれる一冊でもあり

ます☆

でもまじよくわからんかったってのが本音…泣

個人的には、意識も大切ですが

「○○な感じ」言葉では表現しにくい、身体の感じを感じることやはり大切と思いました

それは意識することとも違い、気付きのレベルなのでは?とも。

もう少し勉強して、気づき(アウェアネス)というものを自分なりに解釈したいと思いました!!