ティッシュ療法

発明しました!ティッシュ療法!!笑

嘘です

以前から友達が薦めていたティッシュ療法

今日思い出したのでやってみました

まさかな~とか思いながら、やると

なんと効果ありました!!笑

下肢整形疾患の方にtry   左患側

アプローチ前 

   

   体重計で、最大荷重を評価

   右:35kg   左27kg

   

  

 評価

   ・左に荷重すると、体幹左側屈のいわゆるカウンターウェイトの支え方

   ・膝屈曲位

   ・足部に中等度浮腫

   ・前足部優位の荷重

   ・・・ほかにもハムストや下腿三頭筋の過緊張やらありました☆

  

治療

  

  ・浮腫や過緊張の部位にアプローチしたかったのですが、完全にやめて立位でティッシュ療法のみ実施

  ・ティッシュ3枚でくるくるに丸め、後足部に入れる ⇒ティッシュを踏む

  *随時介助や助け、対話を通し、ティッシュも少しずつずらしながら実施

治療後

  同じ条件で体重計で評価

  右:35kg   左:32kg  約5kg程荷重量増加

  

  身体的変化:側屈の減少で、ヒップの筋収縮↑、膝も伸展傾向で支持。

  患者の実感:力が出しやすくなった

  

考察

   ティッシュじゃなくて良い!笑

   嘘

   確かに左足の踵に体重のせて!は分かりにくい人もいる

   ⇒踵(=身体の内部)に注意を向ける。支持面が同じ「床」という素材の中で、自分の踵に体重を乗せる

   ⇒支持面が硬く、「床」には変化がない。変化があるのは身体内部の感覚情報

  

   ティッシュを踏むということ

   身体外部の物に注意を向ける

   足の前のほうは「硬い床」、後ろの踵は「やわらかい素材のティッシュ」

   ⇒違いが分かりやすく、ティッシュに対し荷重をかけやすい

   またティッシュは踏むとつぶれる。

  

   ⇒踏んだ分だけつぶれる。

  

   ⇒踏む=自分の意図した力を出力

   つぶれる⇒出力に対応した感覚情報の結果

   これが一致→自分は「こんだけの力」で踏むと、こんな素材の物は「こんだけつぶれる」という一致

   ⇒身体内部情報と外部情報の一致

  

なんて・・・

まぁティッシュじゃなくていい!!が結論(笑)

物を介する特徴が改めて整理できた感じです

学習しやすtaskを選択していきたいです!

これを解発したヤツのブログです

http://ameblo.jp/taikibansei-aburafuchi/entry-11088345792.html

ぜひ1度ご覧下さい☆

では今日は脳はおやすみでした。

みなさんも明日試してみてくださいヽ(^o^)丿

ではありがとうございました♪