運動学習と脳 4


お疲れ様です

今日は、ちょっと自分のことを。

少しお付き合いください(>_<)

ここ1ヶ月

勉強という勉強を全くしていません

なぜかと言いますと

自分の自身について悩んだり

仕事について悩んだり

人間関係について悩んだり

至極当たり前のことで悩んだり

なんか少しぷっつんしてしまいました(笑)

仕事して初めてでした

なんで、ここ1か月で

映画3本 小説5冊 飲み会数回

ボーリング、カラオケ、走り、サッカー、女、などあれこれ

あーやってやりましたよ!

とことん(笑)

ここ最近、やっと落ち着いてきました

自分のことが嫌になったり、落ち込んだりしましたが

「気づき」は得られたような気がします

あとは普段の生活で、実行していくしかないと思います

そんな大袈裟なことではないのですが

目の前の患者さんを大切に

目の前の方を喜ばせられるように

原点に戻り、そして新たな視点を持ち

これからも楽しくやっていきたいと思います!

本当に私的なことで、すいません(笑)

と、宣言したところで

ちなみに、「ビブリア古書堂の事件手帖」はとてもおもしろかったですよ♪

あとは、映画「麒麟の翼」もgood!お勧めです♪

さてさて

前回から続き

患者さんって、この予測と結果の一致からみると、どう考えれるのか?

ケガや病気の発症後、身体障害により

今までの身体の使い方(内部モデル)を利用できず、力の出し方、身体の動かし方が分からなくなります

それでも、なんとか動かなければいけない

すると

なんでもいいから、動作を遂行することに目が向きやすいですよね

つまり結果に注意が向いて、どんな方法でやっているかあまり気にしない

つまり倒れないこと!、あそこまで歩くこと!、立つこと!が患者さんにとって重要な事となる

倒れず、目標値まで歩ければ

まずは良いと判断するのかもしれない

体が斜っていたり、効率的な歩容じゃなくても。

つまり

「過剰な方法で、なんとかできた動作」を学習していくと思います

過剰な方法=予測

なんとかできた=結果

こんなイメージで

患者さんは

過剰な予測と、結果を一致させていく

これが僕らからみると、代償運動として見られるともいえると思います

患者さんはなんとか、頑張って行った動作です

以前にも書きましたが

学習すると、無意識的になり、なかなかそれをより良い方法に変えていくことが困難です

変えるには

予測と結果が一致しているのですから

そうです

不一致を起こさせればいいのです!!

思っていたことができなかった(=予測と結果の不一致)

ことを実感させてあげればいいのです

そうすれば、患者さんは「ん、なんでだ?」

と意識に上ると思います

そこから学習は始まっていきます


そんなtaskや声掛けから始めて

患者さんに気づきを与えることが大切と思います

気づきが得られれば


病棟での日常生活でも


自分でやっていくことにつながっていきます

また、脳内学習から見た、不一致の重要性

そして、身体(内部)と環境(外部)の面から運動学習を捉えていきたいと思います♪

最後まで読んで頂きありがとうございました☆