関節の動きばかり見ていない?歩行観察のポイント

instaスライド.001

PTだったらまず必ずぶつかる歩行の評価。

デイや老健、訪問などではOTさんも歩行の評価を求められることもあるかと思います。

 

歩行観察は得意ですか?苦手ですか?

hokou .002

歩行の観察って難しいですよね。

 

でも僕は苦手でした。

 

なんでかって?

 

hokou .003

歩行周期自体複雑ですよね。

いにしゃるこんたくと、ろーでぃんぐれすぽんす…

 

呪文?

 

新手のWeb用語?

 

てなもんです。

 

歩行周期の各相を分けて覚えること。

各相の筋活動を覚えること。

 

まーそこは頑張って覚えたとします。

 

いざ歩行見てみよ!!!!ってなる訳です。

 

 

…で見ると

 

 

 

「速すぎてよく分からん…」

「イニシャルコンタクト見てたら、一瞬で遊脚期に…」

「ミッドスタンスのレイトは…」

 

くらいあっという間に終わります。

 

1分間に100歩前後のウォーキングが“適度な運動

日本生活習慣病予防協会

としますと、

1歩の時間は

60(秒)/100(歩)=0.6秒

 

となります。計算間違っていなければ。

 

もちろん個人差もありますし、

 

歩行観察は要するに

 

0.6秒の間に

IC→LR→MStearly→MStlate→TSt→PSw→ISw→MSw→TSwの各相を見分け

かつどの相に問題があるのか?

 

を見つけるという壮大なプロジェクトな訳です。

 

そんな歩行観察というプロジェクトを確実に成し遂げるには?

hokou .004

へっぽこな僕は、いきなりそんなん見ても意味分からん訳です。

LR探しているうちに5歩行周期過ぎるわけですよ。

 

実際に入院中の患者さんは体力も落ちているし、下肢の骨折や脳卒中の方では、こちらの評価が終わるまでずっと歩いてもらうわけにはいきません。

 

そのため、まずは歩行を見慣れないといけない訳です。

そこで新人の僕がやったことは

・ビデオを撮ってスローでみる

・各相をスクリーンショットにしてそれをパワポのスライドにはりつけ、紙芝居風

 

にして何度も見返しました。それを本当に何度も何度もみて、その特徴を把握したら普通の速度の動画で見るようにします。

 

そうすると、だんだん見えてきます。

 

オススメです。

 

hokou .005

そこからは毎日のように歩行のビデオを何度も何度もみます。

 

そうすると段々、歩行観察を見るべきポイントが見えてくるようになります。

 

歩行の観察はまず関節ごとではなく、骨盤と下腿を見よう!!

hokou .006

ただでさえ一瞬で終わる歩行、

それでさらに股・膝・足関節の動き…

 

見れます?

 

そんな中で僕があみだしたのはまず以下の2つを見ることです。

 

歩行周期において

骨盤は常に前進

下腿は立脚では常に前傾

 

します。

 

言われてみれば当たり前なんですけど、僕はずっと関節ごとに見ていたりと色々していましたが、骨盤と下腿の動きと位置だけみておけば、結果的に股・膝・足関節の位置が決まりますよね。

下腿前傾で下腿の近位部より骨盤が後ろであれば、

・股関節屈曲(体幹の位置にもよりますが)

・膝屈曲

・足背屈

となる訳ですね。

 

骨盤前進と下腿前傾が止まるのはいつか?

hokou .007

骨盤と下腿の動きに見慣れたら、リズムが崩れるタイミングを見つけてみましょう。

 

骨盤の前進が止まる、または後退するタイミングはいつか?

下腿の前傾が止まる、または後傾するタイミングはいつか?

 

見てみましょう!!!

 

ご参考になれば幸いです。

 

歩行に関わるBRIDGEセミナー情報!!!

●10/6(土)愛知「立ち上がり・歩行の動作分析」
https://fjbridge.xyz/archives/3873
 
●10/7(日)愛知「下肢・体幹のハンドリング」
https://fjbridge.xyz/archives/3873
 
●10/20(土)東京「立ち上がり・歩行の動作分析」
https://fjbridge.xyz/archives/3873
 
●10/21(日)東京「下肢・体幹のハンドリング」
https://fjbridge.xyz/archives/3873
 

 

●12/8,9(土日)BRIDGE脳祭

2日目「脳卒中患者への下肢装具の活用」

https://fjbridge.xyz/archives/4092

 

ご興味のあるセミナーがありましたらどうぞご参加ください!!


instaスライド.001