3月23,24日(土日・東京)ハンドリング初心者向けセミナー「患者の個別性に合わせるハンドリング:7つの実践ポイント」のご案内

BRIDGEチラシ.001

【今回は特に5年目以下の若手対象のセミナーです!!!】

*5年目以上でもハンドリングや触れ方をもう一度基礎から学びたい!という方もご参加ください。

ハンドリングのセミナーをこれまで何度も開催してきました。

その中で参加者の方がいつも悩むのは、

 

セラピストが狙う反応が出ない…

 

ことです。

 

解剖学的、運動学的、神経科学など基礎知識はすごく重要です。

 

しかしながら同じ触れ方や、誘導をしても、相手が違えば反応は異なります。

誰にでも、同じ方法で同じ結果は出ないんですよね。

 

基礎は大事にしながらも、目の前の相手の反応を読み取って、リアルタイムに触れ方や誘導を変化させていく。

 

3/23(土曜)は基本となる

筋・筋膜の理解や感覚入力とは何なのか?

麻痺や廃用などで筋出力が低下した患者さんに対して、どのように本人の出力を引き出していくのか?

適切な免荷や介助とは何なのか?

など基本的な触れ方や誘導とそのための知識を整理を

 

そして3/24(日曜)は

臥位での下肢の筋トレや

座位・立位、立ち上がり、歩行、上肢操作など姿勢・動作におけるハンドリングを

 

実践的に学ぶセミナーとなります。

 

このようなセラピストにおすすめ

✔️ 患者さんに触れる際に、どこをどう持ったら良いか分からない

✔️ 患者さんの反応の良い悪いが分からない

✔️ 患者さんの動きをどのようにしたらうまく引き出せるか分からない

✔️ 患者さんの動作介助を邪魔している気がする

 

 

セミナー概要

 

3/23(土曜)ハンドリングのための7つの実践ポイント

① 骨ー関節のつながりを捉える:関節適合や関節面を意識した骨の操作

② 筋の把持と操作:持つ位置や強さ・方向

③ 筋膜の操作:筋筋膜のつながりの理解と臨床応用

④ 感覚入力:不要な情報を減らし、必要な情報に注意を向けやすくするために。動作に合わせて変化させる感覚の誘導

⑤ 適切な免荷による自動介助運動:低下した筋出力で適切な運動・動作を起こすための免荷コントロール

⑥ ハンドリングに合わせた声かけ:再獲得したパターンを再現・定着するための声かけのコツ

⑦ ①~⑥を同時並行的に行う実践ハンドリング:座位での体幹伸展・骨盤前傾、立位での体幹・下肢伸展と前後左右の重心移動のハンドリング

 

3/24(日)ハンドリングの臨床応用

体幹・下肢のハンドリング

①下肢の支持性向上のための背臥位での下肢筋力増強訓練を効果的にするためのハンドリング(キッキング/ブリッジ動作/SLR)

②骨盤後傾・円背姿勢の患者に対する座位でのハンドリング

③立位での膝過伸展・膝折れに対する立位でのハンドリング

④下肢の支持性低下した患者に対する立ち上がり動作のハンドリング・介助方法

⑤歩行における立脚・遊脚期を円滑にするためのハンドリング

上肢のハンドリング

⑥上肢の屈筋の痙縮に対するハンドリング

⑦上肢の空間操作能力向上のためのハンドリング

 

日時・会場

3/23,24(土日)10:00〜16:00(9:30開場)

タワーホール船堀 401研修室

参加費(一般/ペア)

両日一般:19440円(18000+税)/ペア17280円(16000+税)
23または24のみ一般:10800円(10000+税)/ペア9720(9000+税)
 
*ペア割の方も個別にお申し込みください
 

申し込み

 

講師

15658183_1841795462723936_917818557_o

小松 洋介:BRIDGE代表講師・BRIDGE PLUS代表・理学療法士

総合病院、回復期リハ病院、訪問看護ステーションにて、急性期〜生活期まで幅広い分野を経験する。

臨床1年目に病院や施設ごとでのリハビリの考え方や特定の治療手技や理論に偏りがあることに疑問を持ち、様々な理論・技術を広く知り、それぞれの良い所を活用できるような場を作りたいとの思いでセミナー団体「Bridge」を立ち上げる。

セラピスト教育として、「口だけでなく行動で示す」「患者さんの変化を実際に提示できること」「患者さんの実感を大切にすること」をモットーに、講義だけでなく、デモや症例提示、参加者同士の実技をし、基本的な解剖/運動学・筋膜・ボディイメージ・患者心理・応用行動分析・ボディワークの知識を実際の臨床に活かすことを大事にしている。

1. 自分で考えて、行動、発信できるセラピスト

2. 患者の立場に立てるセラピスト

3. 患者、家族、職場、他職種から求められるセラピスト

4. 地域、社会から求められるセラピスト

を増やすことをミッションに、セラピスト向けの講義・実技指導を行い、現在もセミナー団体「BRIDGE」代表講師として全国を飛び回る。

2017年7月より、BRIDGE PLUS代表として、セラピストの少人数制のプライベートレッスンを立ち上げ、経験年数や技術のレベルに応じた、ハンドリングや姿勢・動作分析のアドバイスを行っている。

みなさまのご参加をお待ちしております。


BRIDGEチラシ.001