6/1,2(土日・三重)「脳卒中リハの再考:痙縮・感覚障害・注意障害への対応」セミナーのご案内

BRIDGEチラシ.001

脳卒中の方への介入において、悩むことの多い痙縮、感覚障害、注意障害をどう捉え関わっているでしょうか?

 

多くのセラピストさんは、ADLの改善を目指していく際、直接的な影響を与える運動機能にどうしても目が向きがちになります。そんな中、痙縮や感覚・注意障害の存在は、患者さんの運動機能やADLの改善を阻害する因子となりやすい印象です。

 

今回はそれらの3つの因子をどう捉え、そしてどう考慮しながら臨床を進めるかを動画を提示しながらのケーススタディ形式で考えていきます。

 

 
 

テーマ・内容

 
両日とも10:00ー16:00(開場9:30)
6/1(土)「痙縮・感覚障害・注意障害の理解と解釈」
・痙縮・感覚障害・注意障害の病態と臨床像
・痙縮・感覚障害・注意障害に対してセラピストができること
・動画を通じたケーススタディ:問題点の抽出
 
痙縮や感覚・注意障害を現場ではどのように捉え、そして関わっていくのか?脳科学の知見をベースにしながら、実際のデモや動画から私たちセラピストが関わることのできる問題点をどう抽出していくのか?
動画での患者さんの反応や言葉の変化を見ながら一緒に考えていきます。
 
6/2(日)「痙縮・感覚障害・注意障害への対応(ケーススタディ)」
・動画を通じたケーススタディ:実際の介入と臨床展開のプロセスの説明
・動画を踏まえての実技練習
 
脳卒中の症例さん数名の動画を見て、私の痙縮や感覚・注意障害に対する臨床展開を提示していきます。どこの反応、言葉をどのように解釈して、課題の選択や難易度設定をしているのかをお伝えします。
 
その後参加者同士で、動画の即した実技練習を行なっていきます。
 

会場

アスト津
 
6/1(土)会議室2
6/3(日)会議室3
 

参加費

両日一般:18360円(17000+税)
両日ペア:16200円(15000+税)
6/1のみ一般:9720円(9000+税)
6/2のみ一般:9720円(9000+税)
6/1のみペア:8640円(8000+税)
6/2のみペア:8640円(8000+税)
 
 

講師

15658183_1841795462723936_917818557_o

小松 洋介

Bridge代表講師|BRIDGE PLUS代表|理学療法士

臨床1年目に病院や施設ごとでのリハビリの考え方や特定の治療手技や理論に偏りがあることに疑問を持ち、様々な理論・技術を広く知り、それぞれの良い所を活用 できるような場を作りたい、そして「患者さんの立場に立てるセラピスト」を増やしたいとの思いでセミナー団体「Bridge」を立ち上げる。

 
 

お申し込み

 
 
 
皆さまのご参加をお待ちしております!

BRIDGEチラシ.001