5/14,28(火・名古屋)ナイトセミナー「ADLにつなげるための上肢〜体幹機能の評価と介入」

BRIDGEチラシ.001のコピー61

5月の名古屋でのナイトセミナーは上肢機能がテーマです。

座位や立位において上肢を空間上で自由に操作するためには、上肢機能だけでなく体幹機能が重要になってきます。

肩甲骨の安定とはどういった状態なのか?その再獲得のためには何を評価し、問題がある場合にはどう介入していけば良いのか?

解剖・運動学をベースに、実際の実技を通じて学んでいきましょう!

 

本セミナーのねらい

体幹・上肢機能のつながりを理解し、

上肢機能に問題がある場合に体幹機能も含めた評価・介入の幅を拡げる。

 

 

日程・テーマ

講師は全て小松 洋介(BRIDGE代表講師)が担当します。

ADLにつなげるための上肢〜体幹機能の評価と介入

 

①5/14(火曜)体幹と上肢機能の関係

・姿勢制御における体幹・下肢の役割とコアスタビリティ

・肩甲骨の安定化に関わる筋の理解と介入(実技)

 

②5/28(火)リーチ動作の評価と介入

・空間操作における上肢各部位の役割とは

・上肢の筋につながりを意識した徒手操作

 

会場・時間

ウインクあいち

5/14:1110会議室、5/28:1205会議室

各日程とも19:00〜20:45(開場18:30〜)

 

参加費

全2回参加:8640(8000+税)円

単発受講:各回5400(5000+税)円

 

講師

15658183_1841795462723936_917818557_o

小松 洋介

Bridge代表講師|BRIDGE PLUS代表|理学療法士

臨床1年目に病院や施設ごとでのリハビリの考え方や特定の治療手技や理論に偏りがあることに疑問を持ち、様々な理論・技術を広く知り、それぞれの良い所を活用 できるような場を作りたい、そして「患者さんの立場に立てるセラピスト」を増やしたいとの思いでセミナー団体「Bridge」を立ち上げる。

 

お申込み

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。


BRIDGEチラシ.001のコピー61