2/23・3/29 愛知:新人・若手セラピスト向け勉強会 2回コース 「股関節の評価と運動療法」

c514b98a3baf18cb79f9adf7874499d4_s

昨年度行ったBridge 新人・若手セラピスト向け勉強会の

股関節バージョンを企画しました。

 

今回も触診や実技の時間を十分に確保して勉強会を行います。

1日目に股関節周囲の必要な触診を学んだ後、

2日目に評価・運動療法を実技主体に行っていきます。

2/23「股関節の評価と運動療法   ~臨床に生かす触診~」 

3/29「股関節の評価と運動療法 ~疼痛部位の発生機序を解釈する~」

2月・3月の2回に分けて股関節周囲の骨・筋の触診評価から運動療法までを行います。

股関節に関して基礎から臨床応用まで学んでいきたいと思います。

今回の勉強会では以下の想いがある方にオススメです。

✔️ 股関節の機能解剖を整理したい

✔️ 股関節の骨・筋の触診を学びたい

✔️ 股関節の運動療法を学びたい

✔️ 股関節の評価→治療を結びつけたい

2/23「股関節の評価と運動療法~臨床に生かす触診~」 講師:川村

 

「筋や骨などを触ってるつもりだけど、合ってるかわからない」

多くの新人や若手の方は触診に対して悩んだり、疑問に思う事は多いと思います。

私自身も悩み、練習をたくさんしました。

触診のあいまいさが臨床における結果を左右してしまう事もあります。

ただ適当に触ってるだけでは患者様の症状は変化しません。

間違ってる箇所を触ってては介入効果は薄れますし、

患者様のニーズに応えれなくなってしまいます。

今回の勉強会ではランドマークや筋の触診を中心に行います。

また症状や現象に対して触診をどのように活かすか、

臨床推論を組み立てるキッカケを作れるようにしていきます。

 

・触診に対して悩んでいる方

・この機会に触診を学び直したい方

・触診の精度を上げて臨床に活かしたい方

このような方にオススメの勉強会です。

今一度触診を考え直してみましょう。

 

また今回の勉強会の内容を理解した上で3月に行う「股関節の評価と運動療法

〜疼痛部位の発生機序を解釈する〜」

に参加して頂けると習得度がさらに上がると思いますので、そこも踏まえてご検討ください。

 

今回の勉強会が皆様の臨床精度が上がるキッカケになるように、共に成長していましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

3/31「股関節の評価と運動療法~疼痛の発生機序を解釈する~」 講師:小瀬

臨床において股関節は、

局所が問題になるケースと股関節の機能障害が隣接関節に影響を及ぼすケースがあります。

局所が問題となるケースでは、

股関節に加わるメカニカルストレスが原因で発症することが多いため、

疼痛部位の発生機序を解釈するために機能解剖学・運動学・運動連鎖等から、

メカニカルストレス発生の解釈と原因組織の評価が必要となります。

股関節の機能障害が隣接関節に影響を及ぼすケースでは、

hip-spine-symdromeが代表的です。

局所の評価を行った上で

隣接関節である腰部・骨盤帯及び姿勢の評価へと繋げていくと捉えやすくなります。

股関節の評価は、

理学所見・アライメント・動作分析を組み合わせ、疼痛発生部位を絞り込んでいきます。

私の臨床では、動画を用いた歩行分析を評価及び介入の効果判定として行っています。

実際のケースを紹介しながら解説します。

運動療法は評価によってメカニカルストレスと原因組織が断定できていれば、

自ずと方法は決まると思っています。

可動域改善や各組織の硬さ・滑走性の改善、動作時の不安定性の改善、

筋機能の改善を中心とした運動療法の実技を行っていきます。

 臨床でよく遭遇するケースへの対応として、

①変形性股関節症

②大腿骨近位部骨折

以上2ケースを中心に臨床に即した形で評価・運動療法を実技主体で行っていきます。

 

【日時】

2020年2月23日  10:00~16:00(受付開始時間9:30~)

2020年3月29日  10:00~16:00(受付開始時間9:30~)

【内容】

2/23 「股関節の評価と運動療法~臨床に生かす触診~」 講師:川村

  <骨ランドマークの触診>

 <筋の触診>

              大腿直筋、縫工筋、大腿筋膜張筋、中殿筋、小殿筋、薄筋、大殿筋、梨状筋

                ハムストリングス、大腿方形筋、外閉鎖筋、恥骨筋 など

 

3/29「股関節の評価と運動療法~疼痛の発生機序を解釈する~」 講師:小瀬

 <  股関節障害の病態理解と評価 >

   ・股関節の局所を中心とした評価

   ・隣接関節からの影響の評価

 < ケーススタディ >

   ・変形性股関節症

   ・大腿骨近位部骨折

【講師】

 2/23   川村 優貴(理学療法士・Bridge講師)  

 3/29   小瀬 勝也(理学療法士・Bridge講師)

【受講費】 
 
通常  4950円(税込) 
両日割 8800円(税込)

【定員】

30名

【会場】 

会場:2/23 刈谷市産業振興センター 505会議室

         3/29 刈谷市産業振興センター   505会議室

 

みなさまのお申し込みをお待ちしております!!!


c514b98a3baf18cb79f9adf7874499d4_s